趣味は十人十色で交際倶楽部も自由です

魅惑的な白髪染め > 交際クラブ > 趣味は十人十色で交際倶楽部も自由です

趣味は十人十色で交際倶楽部も自由です

好みや趣味は人それぞれで誰が見ても素敵な女性が理想と思う人もいれば、人にとってはそうではなくても自分のDNAや遺伝子にとってはとても魅力的に映るマニアなこだわりのある人、ということもあるのです。その逆もあるでしょう。こんな女性はモテないだろうと周りが思うような女性が、幼少期からの自分だけの誰にも言えない経験などがフェチマニアにとっては好みというようなこともあるのです。

好みのタイプは年々変化するものです。以前は顔やスタイルだけを重視していたけれど、今は心の癒しを求めているように人は年々変化をしていくものです。一緒にいて癒されることを一番大切なことだと思う男性もいるのです。また知的な女性に憧れを持つ男性もいます。洋服のセンスにもタイプは存在します。こういう淑やかな着こなしをしている女性には興奮を覚えるなどもそうです。またコスプレや制服からくる強烈なイメージによる思い込みなどもあります。脳や心への刷り込みが興奮に変化する為です。制服イコール絶対こういう性格の女性である、またはあって欲しいのような願望です。

癒しを求めているということを、周りに言えないこともあるでしょう。趣味が悪いねと人に言われるようなこともあるかもしれません。それは幼少期の強烈な刷り込みや望みなのですから他人の意見は関係ありません。性の好みは十人十色、自由で良いのです。

 

趣味は十人十色でゴルフや釣りなどについても趣味があるでしょう。その趣味の中に、秘密の趣味を持ってみるのも良いです。余裕ある紳士だからこそ持つことが出来るような趣味もあるかもしれません。

趣味を持っていることは、他には内緒にしたいということもあるでしょう。自分自身がそれによって心が穏やかになり充実することもあるのです。今までの趣味はこれだったけれど、最近はこの秘密の趣味があるというのも、ミステリアスで良いです。人はジキルとハイドの二重性や表と裏で一つの人格なので、普段いい人を演じて人は時には悪人にもなってみたい願望です。これは先生と呼ばれている職業に付いている人達はその先生と言う肩書を下ろしたときに弾けたい願望です。当り前ですけど人は誰でも基本人間ですので元々生まれ持っての先生ではないのです。なのでその肩書と言う誰にも言えない途轍もない兜を脱いだ時に解放されて人格が変わってしまうことはごく自然な事です。

 

紳士だからといって、いつも真面目で誠実でいなければいけないことはありません。時には失敗をしたり秘密を持っても良いのです。だからこそ普段は誰が見ても紳士を演じ続けていられるようなことも、実際にあり得ることだと言えるでしょう。紳士でもSの紳士手Mの紳士がいます。女性との交際に於いては奴隷的な交際を望んでみたり様々です。秘密めくことは、とても素敵なことです。今を精一杯生きている人こそそういう表裏一体の趣味を持つのも良いかもしれません、一部の富裕層達がよく利用すとされる交際クラブのようなところをこっそりと利用するのも長い人生を充実させたり肩の荷を下ろす時にちょっとしたスパイスになって良いかもしれません。また交際クラブでの交際やデートは都会の癒しを吸収する側面があります。ギスギスした社会だからこそそのような出会いを求める男女がいるのはごく自然な流れです。またこれからはどんどんその傾向が増えるでしょう。